マグナなんちゃって大型化計画

250のバイクで見栄を張る方法・・・

そのカギはナンバープレートにあった

さて、「何で250ccなんか乗ってんの?遅くない?パワー足りないでしょ。小さくない?」と煽ってくる連中を、あなたのマグナ愛で返り討ちにする方法が確立された。

まず、必須となるのはサイドケース。

下記何れかがオススメ。

or

MFK-196(左)の方が収容力に優れるし、自分でステーを作る必要も無いのでオススメできる。右のサイドケースはおしゃれではあるが所詮中国製なので実用というより飾り感が強い

サイドケースとかトップケースとか色々やったけど、最後にナンバープレートいじってなんちゃって大型化計画は終了。

暗くなってから撮ったせいで非常に見づらいけど、外枠が深緑色になっている。
大型.jpg

 レシピ↓
+
420ml缶も売ってるけど、必要ないので注意。

画像は300ml。

鉄以外の金属不可とあるけど、プライマーなしで吹き付けてもこの場所なら中々剥がれない。負担の無い場所なので。

ナンバーホルダを取り出してすぐ吹き付けて数日乾燥という感じでも問題ない。下地作りがどれだけ面倒がはよくわかっている。

これでやっと足でエンジンを隠しながら乗るだけで大型に間違われることができるぞ!!
 →そして連中は言うだろう、「そこまでするなら大型で良くない?」と。

コメントを残す