京都府でオススメのキャンプ場!

京都府でオススメのキャンプ場といえば、山城森林公園

今回は同キャンプ場をバイクで訪れた場合良い点悪い点について触れたい。

オススメする理由は5つ!

 

テントサイトがウッドデッキである
・万が一雨が降ってきてもテント底部から浸水しない
 →但し、一部デッキは穴だらけなのでそれを避けて設営しよう。

・設営位置において他のキャンパーに気を遣う必要が無い

・設営前にスコップで地面を均す必要が無い
 →折畳スコップ持って行きたくない、重い。

◆スコップのオススメ

そこそこ重いコンパクトファイアスターターノコギリとしても利用可。

→但し、笛の使い道は無い

 

コストパフォーマンスがよい
・入園料200円は必要だが、バイクは駐車代無料

デッキが広いから2~3人で使える。
 →そして、1デッキ500円と安い。

 

薪が拾える、買える
・ネイチャーストーブから焚火台まで使える多種多様な木が拾える
 →但し、前日も前々日もしっかり晴れていないと湿っていて使い物にならない。

・京都府南部に薪が買える安いキャンプサイトはここしか無い
 →HPに記載がないが、薪の価格は500-600円程度だったはず。

 

バイクをデッキの隣に駐車できる
 ⇒キャンプギアが詰まった重いパニアを外してバイクとキャンプサイトを往復する肉体労働はもういや。

 

年中無休
・この条件で年中無休のキャンプサイトは、私は知らない。
 →薪を現地調達できる年中無休のキャンプサイトで快適な冬キャンデビューをサポートしてくれる魔法のキャンプ場。(個人的に)

 

このキャンプ場はもう何度も利用している。

山城森林公園 - Google Map
(Google Mapによる)

同キャンプ場のホームページははそんなに洗練されていない。

裏を返せば、あまり知名度が無いからこんな感じなのかも。

人気のサイトでは夜中まで騒いだり音楽をかけるキャンパーと遭遇することがあるので、この地味な感じがまたいい。

ちなみに、HPには書いていないがCB缶(ブタン100%)でよければガスも買える。多分200円だったはず。

ブタンでこの値段なので、お得感は皆無
→パワーインクリーザがあれば最後までフルパワーで使えるが・・・

何れにせよ、スーパーに行けばよく分からないブタン100%が70円ちょいで売っているので、買い忘れには注意したいところ。

コメントを残す